2004.02.16

Fedora Core 1

最近はパソコン関係であまり目新しい事はしていません。ノートパソコンのカードスロットにLANカードを2枚差しにしたRed Hat 8サーバーは、もう1年も安定稼働しています。FTPサーバーを公開したらメニュー操作もできないほどの強烈なアタックを受けて一夜にしてハードディスクの空き領域が0になって以来、セキュリティに気を付けて、自分のサーバーの状況をスキャンするプログラムを毎日動作させ、その結果を自動的に携帯電話にメールで送付していますが、データ量が多すぎて辟易しています。

そんなRed Hatもいつの間にか製品体系を変えてしまい、Fedora Core なるものを登場させました。どんなものかと別のパソコンにインストールして使って見ましたが、そんなに大幅に変わっていないので安心しました。しかし、フォルダのツリー構造なんかが微妙に変わっていて、あの設定ファイルはどこにいった?としばらく探し回ったこともありました。大幅に変わったのはビジュアルですね。とにかくきれいでインタフェースもどんどん簡易に使いやすくなっています。1024X768のサイズで画面を表示させるのに苦労したり、日本語表示に四苦八苦していたのはほんの数年前なんですが、今ではインストールも実に簡単で手間いらずで、あっさりと画面も出るし日本語も表示されます。Linuxに関しては、もはや苦労し、調べて覚える時代は遠く過ぎ去ってしまいました。

2月 16, 2004 パソコン | | コメント (0) | トラックバック (0)