2004.09.15

札幌からニューオリンズへ

札幌に行きっぱなしのような感じなのですが、2日間泊まって仕事をして、金曜日の夜にちゃんと帰りました。すごい風が吹き荒れたようで、あちこちで木がバキッと折れていたり、根こそぎ抜けていたりしているのに、家は何ともないように見えるのが不思議な感じでした。北海道大学のポプラ並木もひどい有様のようです。
broken_tree1.gif broken_tree2.gif

東京-札幌間を飛行機で往復してみて気付いたことがあります。それは空港でのセキュリティチェックの違いです。最近、国際線に乗ることが多かったのですが、成田のセキュリティチェックは、テロを警戒していたのか、担当官の目つきも鋭く、とても怖い感じを受けました。しかし、羽田と札幌のセキュリティチェックは担当官は柔和な感じでとても優しく感じられるのです。こんな所に「差」が出てくるのだと感じた次第です。

北海道から帰ってきて一息つきましたが、明後日からは再び出かけます。今度は蒸し暑いことで有名らしいのですが、アメリカのルイジアナ州ニューオリンズへ行ってきます。日本の3連休の18-20日に会議があり、会議だけして帰ってくる予定です。大規模プランテーションなど、日本では見られないものを見てくるべきだという人もいますが、今回はそんなに時間的余裕がないので、また別の機会(あるとは思えませんが)にします。

私は Anne Rice のバンパイアが好きで、Vampire Lestat が登場する最初の小説、"Interview with Vampire" 、--これは映画にもなり、トム・クルーズがLestat役で、ブラッド・ピットが主役という豪華なものでした--の舞台がニューオリンズなので、妙な親近感があります。テネシー ウィリアムズの「欲望という名の電車」もニューオリンズが舞台のようですが、私にとっては何といっても、Vampire ですね。ガイドブックを見ると、バンパイアツアーもあると書いてあります。これは Anne Rice とは関係ないように思いますので、無条件にパスですが、こういうツアーの所要時間が約2時間と書いてあるのを見て、2時間も何をするのだろう???と思います。アメリカ人は良くわからないけど、こういう楽しみ方をするんだなぁと思いましたね。

9月 15, 2004 旅行・地域 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.09.09

札幌に来ました

昨日は大変でした。朝9時半羽田発札幌行きのフライトを予約していたのですが、見事に欠航。その前の3本は羽田を飛び立ったのに、なぜ?と思いましたが、9月7日に九州から回り込んで来た台風18号(0418号?)の影響を受けて、羽田で機材(という言い方も変な気がするのですが)が準備できなかったようです。よそから飛んで来ることができなかったのでしょうね。おそらく札幌から来る予定だったのでしょう。

安いチケットだったため、会社で午後の便に変更しました。16時30分発のJAL1031便に変更したのですが、羽田が混雑しているから早く行った方がいい、と言われました。実際に羽田に行ってみると、う~ん、まさに長蛇の列とはこのことか?というほどの長蛇の列。ただし、回転が速く、どんどん進んで行くのと、冷房がきちんと効いていて、さわやかでした。ここは良かったですね。進みが遅くて暑かったりすると、怒りが爆発するのでしょうが、そんなこともなくて良かったですね。

ただ、早く来ても運行状況がかんばしくないので、結局、ず~っと待たされる時間が長かったように感じました。旭川あたりに行く便が次々とキャンセルになったり、札幌に着陸できない場合は羽田に引き返す事をご承知頂いて飛び立ちますというアナウンス。多少不安にはなったものの、運んでもらうしかないですからね。

結局、16時30分発は遅れて16時50分となりました。飛行時間は1時間10分と言っていましたが、結局、札幌に着陸したら19時を過ぎていたので、なんか時間がかかりすぎているなぁ。

新千歳空港に着いたのは良かったのですが、良く考えたら札幌市内へはどうやって行くのだろう?海外出張の時は真剣に調べるのですが、国内線だったので何も調べていませんでした。おまけに台風の影響で、バスは全面的にストップし、JRもほぼ全面的に普通になっているというありさま。これで堂々とインフォメーションに聞きにいけます。普通なら「札幌市内にはどうやって行ったらいいのでしょう?」なんて田舎者の質問をしたくないのですが、今回は本当に聞かないと分からなかったですね。何と高速道路も不通だったようです。

ANA便でほぼ同時刻に羽田を発った同僚に電話すると、既にバスに乗っているという。「えっ?バス?」と私。「JRは殺人的に混んでいるからバスにした方がいいよ」というアドバイスを受けたのですが、ほんの少しの時間差でバスは全面的にストップしたみたい。しばらくうろうろしましたが、JRしか選択肢がないので行ってみたら、そんなに混んでいませんでした。ただ、快速が動いておらず、各駅停車の旅となりました。

車内でアナウンスを聞いていたら、北海道は相当手痛いダメージを受けたようで、これは大変な時に札幌に来てしまったなぁというのが感想です。

さて、これから仕事にしかないと・・・。JRが動いていなかったらどうしよう・・・。

9月 9, 2004 旅行・地域 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.26

▲今日の富士山

Fuji_040226.jpg

今日は、少し遠目に見た感じを表現できないか試して見ました。あまり変わりませんね。やはり目で愛でるのが一番でしょうか。ついでに、2日前になりますが、アップにしてみた写真も載せておきます。

Fuji040224up.jpg

2月 26, 2004 旅行・地域 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.25

▲今日の富士山

Fuji_040225.jpg

いつも大体こんな感じです。つまり、山と空との境目あたりがくっきりと見えず、また、全体にもやがかかっているような感じとなります。下のような写真が撮れるのは本当にラッキーな日です。写真で見ていると雰囲気が分かりませんが、山裾まで広く見えている瞬間は、実に雄大な景色で、目を奪われてしまいます。

2月 25, 2004 旅行・地域 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.23

今日の富士山

Fuji040223.gif

今日は昨日の強風の後なので、かなりくっきりと富士山が見えます。下の方に1週間前の富士山がありますが、それと比較すると一目瞭然ですね。ほとんど同じ時間に同じ場所(新幹線の車内か)から撮影しています。NIKON COOLPIX 5000で撮影していますが、5メガピクセルの画像もここまで小さくしてしまうと、どんなカメラで撮影しても大して変わらないように思います。

2月 23, 2004 旅行・地域 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.16

本日の富士山の写真

Fuji_040216.jpg

何の変哲もない富士山のデジカメ写真です。今日撮影したというリアルタイム性以外に価値はありません。新幹線の中からあまたの電線や障害物をかわして撮影したものです。毎日眺めていて分かることは、真冬の風の強い日が特にきれいに見えることです。3月を過ぎると、いつもモヤがかかり、シャープな映像とはなりません。1月から2月にかけて新幹線のホームで電車待ちをしている人は富士山の方を向いて立っている人が多いと感じます。

2月 16, 2004 旅行・地域 | | コメント (0) | トラックバック (0)

どっちもどっちかな?

パリから成田へ向かうエールフランス機内でのこと。機内販売で2つ品物を買いました。日本人スチュワーデスのSさんにこれをお願いします、と言いました。2つ併せて97ユーロでしたが、Sさんはきっぱりと「ハイ、2つで102ユーロとなります」 私「えっ?5ユーロは消費税ですか?」 こんな珍妙な会話でした。免税品を販売しているのですから消費税はないですね。単にSさんが計算を間違えただけでした。自信を持って言われると、それらしく聞こえてしまうから不思議です。

2月 16, 2004 旅行・地域 | | コメント (0) | トラックバック (0)