2004.03.11

MTへのアップロードサイズ変更

MTを自宅サーバーに導入してテスト中です。ファイルのアップロードとダウンロードができるので、ファイルサーバーの代わりにしてみようかと思い、テストしてみましたが、何と、少し大きなファイルはアップグレードしてくれないではないですか。Web上を情報を求めて探し回りましたが見つかりません。探し方が悪いと思い、Googleで以下のように検索してみました。

「mt movable upload size change」 でピンポンでした

何のことはなく、mt.cfg を変更すればいいのですね。

# When uploading files through Movable Type's upload mechanism, a ceiling
# is put on the size of the files that can be uploaded to prevent
# denial-of-service attacks. By default this setting is 1000000 (1MB).
#
CGIMaxUpload 20000000
#

これで、20MBまでアップロードできるようになりました。DoSサービスの危険性をコメントで入れてくれていますが、私の自宅サーバーは1年前に FTP サーバーを公開したその日にハードディスクを埋め尽くされてあえなく死んでしまいました。見事に空きスペースが 0 になっていました。このため、セキュリティ関係の本を買い込んでいろいろと危険を排除する仕組みやLinuxの状態を通知するツールなどを組み込みました。この1年間は再起動もせずに無事稼働しています。上記MTも一応パスワードでガードしていますが、今後は分かりませんね。

とりあえずは自分の使いたいように使えそうで満足ですが、マシンのスピードと容量が少ないので、さらに強力なマシンへのリプレースも検討中です。今のマシンは古すぎるせいか、RedHat9をインストールする途中でエラーが置きます。RedHat8は問題ないのに・・・。

3月 11, 2004 ウェブログ・ココログ関連 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.05

MTの導入への挑戦(4)~解決

文字化けしたブログ画面が出てきて、IEのプルダウンメニューから「表示」-「エンコード」でUTF-8を選択しないといけない件に関して、いろいろと調べていて、このココログから見つけられる記事の中にそれらしきものを見つけました。Apache が怪しいということでした。今までなぜ、そういう方向に考えなかったのか?と不思議でしたが、次のようにして解決しました。

/etc/httpd/conf/httpd.conf を編集
  #
  AddDefaultCharset Off
  #
/etc/rc.d/init.d/httpd reload を実行

たった、これだけで解決しました。ヒントはブログ仲間から頂いたものですので、ここに感謝の意を表させて頂きます。ありがとうございました。これですっきりしました。後は自分の好きなようにいろんなブログを立ち上げて行きます。

3月 5, 2004 ウェブログ・ココログ関連 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.04

MTの導入への挑戦(3)~やっと動きました

MT+RedHat8+MySQL 環境が自宅のLinuxサーバー上でやっと稼働し始めました。まだ、UTF-8でうまく表示できない問題は残っていますが、徐々に解決していくことにします。やれやれ。

MySQL の利用は、「ウェブログ入門」の最後の方に買いてある内容通り進めていきました。しかし、最後の mt-load.cgi の実行で、「Connection error: Access denied for user: 'mt@localhost' to database 'mt'」のエラーがどうしても消えず、悩みました。最後にえいっとばかり、「mysql> grant all privileges on *.* to mt@localhost」というコマンドを打ち込むと、なぜかうまく行きました。う~む。

文字化けしたブログ画面が出てきて、IEのプルダウンメニューから「表示」-「エンコード」でUTF-8を選択しないといけない件に関して情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、お教えください。宜しくお願いします。

3月 4, 2004 ウェブログ・ココログ関連 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.01

MTの導入への挑戦(2)

今日は、ず~っと日本語化に挑戦し、とても簡単に解決しました。あまりにお粗末なので、書くのがはばかられます。それよりも昨日は本の通りにやっただけで、どうも根本的にディレクトリ構造や参照構造を理解できていないようなので、もう一度再作成しました。というか、二度も作成し直しました。ただ、今の所、画面がどうしてもUTF-8コードで表示されません。IEのプルダウンメニューからエンコードしてやれば表示できますが、デフォルトでUTF-8表示できないとおかしいですね。もう少し悩んでみます。うまく行かない事がないと内容の理解が深まりませんから、これはこれでいいのかも知れないと考えています。

3月 1, 2004 ウェブログ・ココログ関連 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.29

MTの導入への挑戦

ココログを始めてから、まだ2週間ですが、「ウェブログ入門」という本を買ってきて、眺めていると自分でも作ってみたくなりました。そこで、昨日から、niftyの個人用ホームページに movable type を導入しようとして、何度も試みましたが、mt-check.cgi がどうしても動作せず、cgi の動作エラーとなりました。中途半端な知識しかないため、よく分からないのですが、多分、Perl5のバージョンが合わないのだろうということであきらめました。

でも釈然としないため、今度は自宅のLinux(RedHat 8.0)サーバーに載せられないかどうかを検討してみました。Sendmailを使わずPostfixにしてしまったため、だめかも知れませんが、やれるとこまでやってみようということで今朝から始めました。そもそも、このサーバーにはまだ、Webサイトも作っていないのに無謀だとは思いましたが、Movable Type 2.661 のインストールに挑戦しました。なぜかどうしてもミラノ氏の日本語パッチがうまく適用できないため、迷いましたが、そのまま英語のままで進めると、Jcodeが無いといって怒られ、何とも中途半端なものになりそうだなぁと思いつつも、夕方になって何とか、最初のブログ画面に到達しました。しかしブログ名にアンダーラインが引かれていて、クリックするとサイトのディレクトリが表示される始末。何ともお粗末。しかし、一度コメントを書き込むとその状態が解消され、狐につままれた気分。分からないけど少しまともに・・・。

明日からMySQLの導入にとりかかるということで、今日はとりあえず店じまい。しかし、こんな状態になってから日本語化はできるのだろうか?失敗は成功の元と言いますから、先輩の皆様方の体験談を参考にさせて頂けば道は開けるという、前向きな姿勢で続けていくことにします。

2月 29, 2004 ウェブログ・ココログ関連 | | コメント (0) | トラックバック (0)