« ■ 原書に挑戦(573)~ run...into the ground | トップページ | ■ 原書に挑戦(575)~ lapse »

2007.09.24

■ 原書に挑戦(574)~ The Belgariad"(Volume one)読了

David Eddings の "The Belgariad"(Volume one) です。

この The Belgariad シリーズは、Pawn of Prophecy、Queen of Sorcery、Magician's Gambitが Volume One、Castle of Wizardry、Enchanters' End Gameが Volume Twoとなっている5冊の本から構成されています。これに引き続き、The Malloreon シリーズがあり、Guardians of the West、King of the Murgos、Demon Lord of Karandaの3冊がVolume One、Sorceress of DarshivaとThe Seeress of KellでVolume Twoを構成する、これまた5冊ものになっています。これらの他に共通の主要登場人物であるBelgarathとPolgaraの若い?頃を描いた、Belgarath the SorcererとPolgara the Sorceressの2冊があって、1冊読むと12冊すべてを読破せずにはおれない、ファンタジー界の一大叙事詩となっています。

この本はその中でも The Belgariad の Volume Oneなので、どのような世界観で描かれているのかを把握するのに時間がかかり、遅々として読み進みませんでしたが、大筋を把握できたら英語が平易なため、どんどん進んでいきました。

例によって、語数と冊数をカウントアップします。会話が圧倒的に多い本なのですが、標準的なページで数えて 466語/ページでした。ページ数は643 ページですが、タイトルや章、本の区切りに空白ページが32ページありますので、466語×(643-32) ページ = 284,726なので、280,000語とカウントします。

ということで、次のようになります。

2007年の実績:
6 冊、 1,147,692語

これまでの累計:
641 冊、61,235,256 語

9月 24, 2007 →David Eddings, ■原書に挑戦 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18894/16552113

この記事へのトラックバック一覧です: ■ 原書に挑戦(574)~ The Belgariad"(Volume one)読了:

コメント

コメントを書く