« ■ 原書に挑戦(570)~ Jack & Jill読了 | トップページ | ■ 原書に挑戦(572)~ founder »

2007.09.24

■ 原書に挑戦(571)~ kingly

David Eddings の "The Belgariad"(Volume one) です。

You have told us a kingly story, not usually wasted on ordinary people.

Garion少年が住むFaldor's farmに時々やってくる語り部の語る物語にうっとりと耳を傾ける所から話が始まります。いかにも牧歌的な雰囲気の田舎の生活がどのようにして、剣と魔法の世界に突入していくのか?という点に興味がありました。しかし、この語り部が実は Mister Wolf と呼ばれ、更にMister Wolfは伝説的な魔法使い(sorcerer)であるBelgarath本人であることが分かり、更にGarionとの深い関係が明らかになる頃には、すっかりとこの世界に引きずり込まれていました。

kingly: 王者らしい,帝王にふさわしい;堂々たる,立派な;王族の,皇族の

剣と魔法の世界に王様はつきものなので、kinglyという単語が出てきても不思議はありませんが、やはり少し気になりました。

9月 24, 2007 →David Eddings, ■原書に挑戦 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18894/16551984

この記事へのトラックバック一覧です: ■ 原書に挑戦(571)~ kingly:

コメント

コメントを書く