« ■ 原書に挑戦(567)~ call the shots | トップページ | ■ 原書に挑戦(569)~ 多分ミスプリント »

2007.05.22

■ 原書に挑戦(568)~ 微妙な冠詞の位置

James Patterson の "Jack & Jill" です。

とうとう、Alex Crossは犯人の所に乗り込みます。

"Hello, Danny," I spoke in as low-key and non-threatening a voice as I could. "You called, now I'm here."

non-threatening a voiceの所ですが、冠詞の位置をこういう場所に置くというのは、自分で文章を書く場合にはできないだろうなぁと思います。

(単なる試訳: 「やぁ、ダニー」と、私はできるだけ抑えめで刺激しない声で話しかけた。「呼ばれたので、来たよ」)

5月 22, 2007 →James Patterson, ■原書に挑戦 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18894/15169662

この記事へのトラックバック一覧です: ■ 原書に挑戦(568)~ 微妙な冠詞の位置:

コメント

コメントを書く