« ■ 原書に挑戦(564)~ have a bead on | トップページ | ■ 原書に挑戦(566)~ to the gills »

2007.05.20

■ 原書に挑戦(565)~ hit it off

James Patterson の "Jack & Jill" です。

13才の少年がChristine Johnsonの家にたてこもっています。Paul Losiという交渉人を立てて、交渉に入りますが、犯人は色々と要求をしてきます。

"At first, over the phone lines. Then he demanded the megaphone. Threw a real tantrum. Threatened to shoot the teacher and himself on the spot. So the bad boy got his own blowhorn. He uses that now. He and Paul Losi are not exactly what you call 'hitting it off."

throw a tantrum: むかっ腹を立てる
hit it off: {話}(人と)仲よくする,うまくやっていく

(単なる試訳: 「最初は電話越しだったんだが、メガホンを要求してきた。むかっ腹を立てたんだろうなぁ。先生と自分を撃って死ぬと脅してきやがった。悪ガキが吠える手段を手に入れたんだ。今はそれを使ってるよ。ボール・ロッシと『うまくやっていける』とは思えないなぁ。)

5月 20, 2007 →James Patterson, ■原書に挑戦 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18894/15144687

この記事へのトラックバック一覧です: ■ 原書に挑戦(565)~ hit it off:

コメント

コメントを書く