2006.02.23

● ベニスへの出張(8) ベニス中心部への行き方(1)

さて、例によって、交通機関のチェックをしておきます。時刻表なども撮影してきていますので、空港からベニスの中心部までの旅の仕方の雰囲気が分かっていただけるかと思います。ガイドブックにはあまり詳しく載っていなかったので、随分と不安でした。そういう不安が一掃できると良いのですが・・・。

まずはマルコポーロ空港に到着します。

到着ロビーから、下のような芸術作品?を左手に見ながら外に出て行きます。外に出るとバス乗り場があります。

私は、バスに乗らずにサンマルコ寺院へ直行する水上バスを使いましたが、この乗り場はあまりにも遠くにあり、5分位は荷物を引きずった上に、船便の数も30分に1本程度と少なく、深夜便もなく、乗っている時間も40分と半端ではありません。後から考えると、ベニスの中心部に行くだけなら、素直に空港から「ローマ広場」行きのバスを選択した方が時間もかからず賢明だったと思います。値段はあまり変わりません。サンマルコ寺院への直通の船は10ユーロです。次の写真のローマ広場までのバスは直通便で3ユーロ、各駅停車で2ユーロです。時間はそれぞれ、15分と20分です。水上バスに乗っている時間は5~10分程度です。

ローマ広場から水上バスの乗り場は下の写真のように見えます。

ここからリアルト橋まで船に乗ると、5ユーロかかります。ここでは乗るときにしっかり切符のチェックをされます。しかし、いったん、ベニスの町の中に入ってしまうと、水上バスは何度乗り降りしても切符をチェックされませんでした。ちゃんと切符を買って持っている方が良いでしょうが、切符売り場が分からずとにかく乗ってしまうと、自動的に下ろされてしまい、切符を調べられる事はありませんでした。ただし、切符を買いたい顔をしてお金を握りしめていると、ちゃんと船員さんが売りに来てくれます。

従って、まとめると次のようになります。

マルコポーロ空港-ローマ広場-リアルト橋: バス+水上バス
  2~3ユーロ + 5ユーロで、合計 7~8ユーロ
マルコポーロ空港-サンマルコ寺院: 水上バスのみ
  10ユーロ

2月 23, 2006 ● ベニスへの出張(2006.1) | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.21

● ベニスへの出張(7) ベニスの風景(1)

私が写真を撮っている理由の1つに、芸術的写真を撮るのではなく、自分が何時何分にそこにいたかを記録する事があります。このため、撮っている写真には交差点やら看板、ロードサインの類が多くあります。また、目で見た現地の生活が、いかに歴史と文化を刻んできているかという記録を残す目的もあります。たいていはうまく行かずに、芸術写真でもなく、パッとしない風景写真であったり、安っぽいスナップになっている事が多いです。ISO感度の設定を暗い所から明るい所に切り替えるのを忘れた、ひどい写真ばかり残っています。それでも自分としては目で見たものを記録に残せるので満足はしていますが・・・いかに芸術的才能が無いかを思い知らされます。

ベニスの町を歩いていて見かけるのは、ガイドブックにも書いてある通り、サンマルコ寺院とリアルト橋の方向を示す下のような看板です。これを見ながら歩いていれば、道が分からなくなってもすぐに軌道修正できます。ものすごい数の看板があるため、意外に便利です。



ベニスに着いた夜は夜景ばかり、次の日も雨で、どんより曇った景色ばかりでしたが、会議が始まるととたんに晴天に次ぐ晴天で、空の青いことといったらすばらしいものでした。下の鳥が多数飛んでいるのは、鉄道のサンタルチア駅から出た所で撮った写真です。

際だった空の青さのため、通勤途中の船の中から撮った写真が下のものです。何を写したのかは分かりませんが、空の青さに感動でした。

また、会議が始まる前に、日が昇る海岸で撮った写真と、船でリド島(Lido)に渡り、アドリア海の海水に触れた記念に撮った写真も載せておきます。実物とは比べものになりませんが、その時の感動は確実によみがえります。


2月 21, 2006 ● ベニスへの出張(2006.1) | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.20

● ベニスへの出張(6) やはり観光地

ベニスの町は水路を中心に構成されています。町は浸水はしていないものの、かなりきわどい所も見られます。下の写真なんかは相当に危険な感じです。ベニス初日に市内を夜中に歩き回った時は、小雨が降っていたので、雨で地面が濡れているのか、浸水しているのか区別が付かず、少し躊躇しました。

臭いは無いようです。しかし、裏通りではなく裏水路の少しよどんでいる所は臭うような気もします。でも私はかなり臭いに敏感なので、まあ大丈夫でしょう。日本の普通の町のどぶ川の方が数倍臭いです。

リアルト橋に夜中に到着した時に写した写真を下に示します。真夜中でも特に怖いと思った事はありませんでした。シカゴなんかは昼でも怖いです・・・。パリも北部の方は危ないらしいです。パリ在住のフランス人に「暗くなってからパリ市北部の町を歩くのはやめた方がいい」と言われましたから。しかしベニスは大丈夫な感じです。夜中にもさんざん歩き回りましたが、どんなに細い路地に入っていっても、やばい雰囲気の人を見かけませんでした。

ここが日曜日の昼になると、下の写真のようになります。にぎやかでした。さすがは観光地です。

2月 20, 2006 ● ベニスへの出張(2006.1) | | コメント (2) | トラックバック (0)

● ベニスへの出張(5) 深夜近くに到着

日本からの直行便はなく、どこかを経由していくことになります。今回はパリを経由しました。JALはそれほど遅くならず、夜の10時ごろにはホテルに着きました。ただ、夜だったので、ホテルを見つけられるか?という心配がありました。

ホテルは、ベニスの二大ロケーションである、リアルト橋とサンマルコ寺院の中間あたりにあるように見えました。従って、ベニスの町への行き方をしっかりと把握していれば、マルコポーロ空港からは、普通のパスに乗って、ローマ広場に行き、そこから水上バスを使って、リアルト橋へ行き、そこから歩いてホテルに向かうのが正解です。しかし、何だか良く分からない上に、夜中でもあったので、マルコポーロ空港からいきなり水上バスに乗り、サンマルコ寺院まで一気に行って、そこから歩くという手に出ました。水上バスは暖房がなく、寒くてしかも40分以上も乗っていました。

この写真はサンマルコ寺院の夜景です。幸運な事に、サンマルコ寺院からホテルの方向めがけて勘で歩いていくと、このあたりか?という所で見上げるとホテルがありました。これには自分でもびっくりしました。

同僚はANAでフランクフルト経由でしたが、ANAの場合には良い便がなく、ベニスには夜中の0時過ぎにしか着かないというスケジュールでした。こうなると、マルコポーロ空港からの水上バスの最終便がなくなっていて、車輪があるバスに乗ってローマ広場まで来て、そこから水上バスに乗り、リアルト橋に来るしかありません。後から分かったのですが、リアルト橋から私のホテルに来る道は入る場所を間違うと行き着かなくなり、道が分かっていないとかなり困難なルートでした。私は夜中に同僚を迎えに行きました。下に示すのがリアルト橋の夜景です。昼間の写真はまた後ほど・・・。

2月 20, 2006 ● ベニスへの出張(2006.1) | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.04

● ベニスへの出張(4) ハバロフスクの近くを通過中

今、出張を終えて帰国中です。ハバロフスクの近くを飛んでいる JL406便の2階席からこれを書き込んでいます。ベニスは臭くもなく、浸水もしておらず、快適に過ごす事ができました。あまり多くを学ぶ事はできませんでしたが、何といっても通勤?するために水上バスに嫌と言うほど乗ったので、現地の人の暮らしに多少なりとも触れる事ができました。後、3時間ほどで成田です。

機内の高速インターネットは約48Mbpsで接続されていて、快適に使えます。

2月 4, 2006 ● ベニスへの出張(2006.1) | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.21

● ベニスへの出張(2) 1週間前

ベニスへの出発は1週間後となりました。しかし、まだフライトのクラスが確定していません。今回はPEX運賃で申請しているため、アップグレードが可能かどうかが焦点ですが、まだどうなるか分かっていません。今回はパリ経由でベニスに向かう予定です。例年、この時期は閑散期というかオフシーズンのため、パリ行きのフライトはガラガラのはずなのですが・・・今年はあろうことかパリでバーゲンセールが行われているらしく、そのために混んでいる可能性もあります。しかし、日本人がバーゲンセールでパリまで飛ぶほどリッチなのかは不明ですので、単なる流言蜚語の可能性もあります。

ガイドブックではなく、実際に行った人の情報によると、ベニスはまさに水没しようとしていて、あちこちで浸水しているので、歩いて移動する場合は難渋するだけでなく、臭いらしいです。本当にそうかどうかは行って見れば分かることですが、旅行気分は吹っ飛びました。レインシューズなどを持って行ったらどうかというアドバイスもありますが、荷物が増えるだけなので持って行きません。靴に何かをかぶせて水の侵入を防ぐだけなら、見栄えを気にしなけれは、スーパーのレジでもらうポリ袋を靴にかぶせて、手提げの所を利用して縛り付ければ実用的です。使い終われば捨てられますので荷物になりません。

1月 21, 2006 ● ベニスへの出張(2006.1) | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.07

● ベニスへの出張(1) 荷物と船

先月のロンドン出張をキャンセルしたため、約3か月ぶりの出張となまりす。行き先がイタリアなので、本来はマルチリンガルの方の部屋に書くべき内容ですが、イタリア語習得を一時中断しているため、こちらの方に書いていきます。出発まで後3週間に迫っていますが準備は進んでいません。とりあえず、ベニス近辺のガイドブックを買ってきて眺めています。

今回も1人でいくのですが、フライトの都合上、ヨーロッパには夜に着きます。このため、ベニスに着くのも夜中です。普通の場所なら空港からホテルまでタクシーという安易で安全な手段を選ぶのですが、今回はそうは行きません。ベニスの交通手段は船なのです。四輪自動車ではホテルまで行けそうにないですね。夜中に重い荷物を運びながら、船の乗り場を探し、切符を買って、暗闇?で船に乗り込んでホテルに向かう事を考えただけであまり気乗りがしません。

日本から会議に出席する仲間は後2名いるのですが、ベニスまでの経路も到着日もバラバラです。2年ほど前にスウェーデンに行った時は、私はロンドン経由、1人はパリ経由、1人はアムステルダム経由でした。それでもスウェーデンの空港で1時間も待つことなく集合できました。これは奇跡かと思いましたが、今回はそうは行かず、完全にバラバラです。

1月 7, 2006 ● ベニスへの出張(2006.1) | | コメント (0) | トラックバック (0)