« ■ 原書に挑戦(493)~ Fannie Flagg の本 | トップページ | ■ 原書に挑戦(495)~ pass over to the other side »

2006.12.03

■ 原書に挑戦(494)~ 食事のメニュー

Fannie Flagg の "Fried Green Tomatoes at the Whistle Stop Cafe" です。

Whistle Stop Cafeにおける昼食と夕食のメニューが35セントと書いてあります。原文は以下のようです。

For lunch and supper you can have: fried chicken; pork chops and gravy; catfish; chicken and dumplings; or a barbecue plate; and your choice of three vegetables, biscuits or cornbread, and your drink and desert--for 35¢.

35¢で買えるのは次の組合せと解釈できるのでしょうか?というのが最初の質問です。どうでも良いように思いますが、セミコロン、and、orの組合せを正確に分解できるか?という結構、大事な話です。私の解釈が正しければ、セミコロンの使い方は少し特殊なように感じます。こういう使い方の例が、ものの本になくて探しました。"The Art of Styling Sentences" という、文章の組み立て方の20のパターンをまとめた本には載っていませんでした。William Strunk Jr. and E.B. Whiteの "The Elements of Style" にも載ってないようです。結局、The Chicago manual of style (15th edition)の 6.126にある、Run-in listという使い方になりそうです。

野菜とパン類は、まとめて1つなのか、野菜とパン類は別なのかが、いまいちはっきりしません。論理的にはまとめて1つのような書き方ですが、食事の組み立てとしての正しさからすると違うようにも思います。どうなんでしょうか?

1. メインプレート(次の中の1つ)
 fried chicken
 pork chops and gravy
 catfish
 chicken and dumplings
 a barbecue plate
 
2. 野菜やパン類(次の中の1つ)
 your choice of three vegetables
 biscuits
 cornbread
 
3. ドリンクとデザート(両方とも)
 your drink
 desert
 
もし、このような解釈が成立するのなら、原文は、次のような形式で表現すると、英語として正確な表現となりそうですが、なにぶん、これは文学小説なので、ここまでするとおかしい?ですよね。まあ、このような形式に解釈できそうだということを念頭において読み飛ばす(^o^)ということでいいと思います。でも、ちょっと気になったもので・・・。

For lunch and supper you can have: (1) fried chicken, pork chops and gravy, catfish, chicken and dumplings, or a barbecue plate; and (2) your choice of three vegetables, biscuits or cornbread; and (3) your drink and desert--for 35¢.

12月 3, 2006 →Fannie Flagg, ■原書に挑戦 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18894/12913287

この記事へのトラックバック一覧です: ■ 原書に挑戦(494)~ 食事のメニュー:

コメント

コメントを書く