« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006.07.29

★ コメントとトラックバックの扱いを変更

スパム系のトラックバックに悩まされて、暫くトラックバック不可にしていましたが、トラックバックを可能とします。ただし、私が許可したもののみ掲載することにします。これにより、ココログの仕様ではコメントとトラックバックの扱いが同一なので、コメントも私が許可したものしか掲載されなくなります。ご了承ください。

7月 29, 2006 日記・コラム・つぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

■ 原書に挑戦(471)~ ゲド戦記

Ursula Le Guin の "The Earthsea Quartet" です。

世の中が「ゲド戦記」ブームになってきた?ので、読む事にしました(ブームに悪のりするのが何よりも好きです)。私はゲド戦記に詳しい訳ではありませんが、作者の Ursula K Le Guin は何十年も前から知っています。有名なSF作家で、何冊か英語で読みましたが、何と言っても "Left Hand of Darkness" という本が有名ですが、実はこれにたどりつく前に、Ursula K Le Guin の本を好んで読まなくなってしまいました。何故かと言いますと、彼女の本はいったん読み出すと面白いのですが、なかなか読み始める気にならないのが難点だったからです。

Ursula K Le Guin は、1929年生まれなので、もう77歳近くになっていますね。彼女はSF界で最高の栄誉となるヒューゴー賞を5回、ネビュラ賞を4回受賞しています。これはSF界ではすばらしい業績です。しかし、このゲド戦記の原作本は、ファンタジー小説で、またもやファンタジーの世界にとどんどん深入りしています。でも読み出して見るとなかなか面白いですね。魔法を扱うファンタジー小説のベストセラーはたくさんありますが、Magic のとらえ方が小説ごとに異なる点がこれらの本のベストセラーたるゆえんなんでしょう。例えば、Terry Goodkind は、additive magic、subtractive magic という世界を作り、ハリーポッターは、魔法学校で魔法を学ぶ世界を作っています。Ursula Le Guin の世界では、「もの」に付属する true name が分かりさえすれば、魔法でその「もの」をコントロールできるという概念が特徴的です。

この本には最初の4話である "A Wizard of Earthsea"、"The Tombs of Atuan"、"The Farthest Shore"、および"Tehanu" を収録しています。子供向け?の Puffin Books として出版されているにも関わらず 700ページ近くあり、とても読み応えがあります。

7月 29, 2006 ■原書に挑戦→Ursula Le Guin | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.23

■ 原書に挑戦(470)~ odds and ends

Elizabeth Kostova の "The Historian" です。

この本はなかなか本題に進みません。主人公の16歳の少女の父親が旅行に連れて行ってくれて、その旅先でのみ語ってくれる話がず~っと続いています。まさか、この調子ですべてを語り尽くそうというのでしょうか?

In Istanbul there is a little-known repository of materials, founded by Sultan Mehmed II, who took the city from the Byzantines in 1453. This archive is mostly odds and ends collected later by the Turks as they were gradually beaten back from the edges of the empire.

ódds and énds: 種々雑多な事柄,寄せ集め;余り物,残り物,くず物,がらくた

7月 23, 2006 ■原書に挑戦→Elizabeth Kostova | | コメント (2)

2006.07.19

■ 原書に挑戦(469)~ A Game of Thrones 読了

George R. R. Martin の "A Game of Thrones" です。

この本の一つの特徴が、章のタイトルが登場人物になっている事です。最初の200ページほどで100人を超える登場人物が登場し、かなり辟易しましたが、章のタイトルすなわち、ストーリーが語られるのは、たった8人だけで、以下のような回数となります。

Bran 7回
Cateryn 11回
Daenerys 10回
Eddard 15回
Jon 9回
Arya 5回
Tyrion 9回
Sansa 6回

これだけ繰り返してストーリーが展開されると、いやが上にもこれらの人物がこれからどうなるのか?という興味に支えられて、どんどん読み進みたくなります。

例によって、語数と冊数をカウントアップします。標準的なページで数えて 431語/ページでした。ただし、10ページに1回ほどの割合で章が代わり、1ページほど空白があります。したがって、ページ数は807から73削減して734とします。これにより、431語×734 ページ = 316,534 なので、316,000語とカウントします。

ということで、次のようになります。

2006年の実績:
10 冊、 2,201,000 語

これまでの累計:
631 冊、59,235,000 語

7月 19, 2006 ■原書に挑戦→George R. R. Martin | | コメント (0)

■ 原書に挑戦(468)~ butterflies flutter

George R. R. Martin の "A Game of Thrones" です。

Butterflies fluttered nervously in Sansa's stomach. I shouldn't be afraid, she told herself.

Sansa は、父親の Ned が反逆罪でつかまっても、新しい王のフィアンセとして何とか立ち回って、父親を助けたいと考えていますが、王宮内は敵ばかりで、心が安まる時がありません。そこで、この文章が出てきます。蝶々が羽ばたくって、何?という感じですが、別の意味があるに違いないと思い調べました。

butterflies: {話}
(1)(過度の緊張からくる)はらはら,どきどき,不安.
(2)(神経性の)胃痙攣(けいれん):

というのがあっただけでなく、"butterflies dance in one's stomach: どきどきする" という表現もありました。ここの文では dance ではなく、flutter ですが、同じような意味でしょう。

7月 19, 2006 ■原書に挑戦→George R. R. Martin | | コメント (0)

2006.07.17

■ 歴史と文化のかけら(15) ~ オランダの最新ファッション?

先日、アムステルダムで異様な光景を目にしました。私だけがそういう面に疎いのかも知れませんが・・・。アムステルダム駅の構内で、若い女の子達と歩いてすれ違ったのですが、妙な歩き方をしていました。ビーサン(ビーチサンダル)を地面から離さずすりすりしながら歩いていたのです。これだけなら何も不思議だと思わなかったのですが、ビーサンかぁと思いながら、若い女の子の足下に注目して歩いていたら・・・何と、とび職の人が工事現場で履いている黒い足袋を履いて歩いている女の子がいました。日本なら明らかに場違いですが、アムステルダムでもかなり異様な雰囲気でした。こんなものが最新ファッションだとは思えませんが、たまには下を向いて歩いてみるものだと思いました。日本文化をうまく?吸収してくれていると思えばいいのでしょうか。

7月 17, 2006 ■歴史と文化のかけら | | コメント (0)

■ 原書に挑戦(467)~ Soul of the Fire 読了

Terry Goodkind の "Soul of the Fire"(The Sword of Truth #5) です。

Richard と Kahlan は無事に結婚できますが、その婚儀の祝福の夜に、chime という悪霊の一種のようなものが蔓延している事が分かり、すべての additive magic が失われた世界が広がっていきます。chime に魅入られた人は、水の中に引き込まれて水死したり、火の中に水から飛び込んで死んでしまいます。subtractive magic は使えますが、実質的には magic が消え失せた世界となり、Zedd も Ann も、Mother Confessor である Kahlan の力もすべて使えなくなり、ただの人となってしまいます。この異常事態の中で、Ander人と Haken人が住む Anderith の国の話が長々と続きます。なぜ、この Anderith の国の話が出てくるのかが最初は分かりません。しかし、この国に古くから存在する Dominie Dirtch という人間の肉と骨を分離して殺してしまう音波兵器のような恐ろしい最終兵器の秘密が chime の存在と深く関わっている事が分かった時に、この物語の奥深さにアッと言わされます。

例によって、語数と冊数をカウントアップします。標準的なページで数えて 330語/ページでした。したがって、330語×788 ページ = 260,040 なので、260,000語とカウントします。

ということで、次のようになります。

2006年の実績:
9 冊、 1,885,000 語

これまでの累計:
630 冊、58,919,000 語

7月 17, 2006 ■原書に挑戦→Terry Goodkind | | コメント (0)

2006.07.08

★ 明日からオランダ

明日から1週間、オランダに行きます。多分、ここには書き込む余裕がないと思います。旅行記もなかなか帰ってきてからのフォローができないので、やはりここは英語表現記録現場にするしかないでしょうね。

オランダといえば、3年ほど前に行きました。その頃はまだ、インターネットカフェなんてしゃれたものも無くて、電話線を使ってダイヤルアップでというのが主流でした。ただ、オランダのデルフトでしたが、回線の接続状況が非常に悪くて、つながったかと思うと、暫くすると回線が切れてしまい、何度も何度もリトライを繰り返しました。しかし、ホテルのチェックアウト時に請求書を見て青くなりましたね。確か7万円位の請求だったと思います。これはおかしい、とクレームを付けたらたちどころに半額となりました。システムのミスで、料金が単純に倍になっていたのです。しかし、そもそもなぜそんな高額になったか?といいますと、接続するたびに1ユーロ課金されていたので、50回リトライしたら50ユーロかかる事を認識していなかったのです。

それとオランダで覚えているのが、電源変圧器が熱を持った事でした。規格には合っていて問題ないはずなのに日本から持って行ったものは、使っているとどんどん熱くなっていくのです。フロントで事情を話して、無料で変圧器を借りて使いました。どうしてそういう事になるのか?良く分かりませんが、この微妙な違いが発生するのがオランダという国なんでしょう。言葉もフランス語でもドイツ語でもない、独特の言葉ですし、ドイツ人も何を言っているのか分からない、何と書いてあるのか分からないと言っていました。私から見るとドイツ語の方に近い気がするのですが・・・。

7月 8, 2006 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2)

2006.07.02

■ 原書に挑戦(466)~ red-handed

James Patterson の "Jack & Jill" です。

"Yes, I'm working late again. You caught me in the act. Red-handed, guilty as charged. A friend of yours dropped by the school this morning," she said. "A detective Jonh Sampson."

réd-hánded: 犯罪[悪事など]を犯している最中の[に]、現行犯の[で]、血まみれの手をした[して]

John Sampson は、ご存じのように、Alex Cross のでかい相棒です(刑事のデカとひっかけているのですが(^o^;)無理がありますね)。「赤い手」はやはり血に関係していますね。このような相関性をしっかりと頭に入れていけば、想像力と読解力のバランスが取れてくるはずです。

7月 2, 2006 ■原書に挑戦→James Patterson | | コメント (6)

■ 原書に挑戦(465)~ メガネをかけた女性には言い寄らない?

James Patterson の "Jack & Jill" です。

Christine Johnson had on a cashmere jacket and long wool skirt. Her hair was pulled back and tied with a yellow bow. She was wearing her glasses. Working barefoot. I thought of a line--from Dorothy Parker, I think--Men seldom make passes/At girls who wear glasses.

子供が襲われるという事件が起きているので、Alex Cross は子供達の小学校の校長をしている Christine Johnson の所を訪ねます。誰もいないと思ったのですが、深夜にもかかわらず、Christine がまだ仕事をしているのを見つけました。その時の Christine の様子です。

間違えて既に読んでしまった次作の Cat & Mouse で、Christine Johnson との仲が進展していきますが、ここでは冷静な描写が続いています。しかも、最後にあるように、メガネをかけた女性に男はほとんど言い寄ることはない、なんて不思議な表現が出てきます。そう言われてみると、アメリカ映画など、メガネをかけた女性がメガネを外すと、恋が進展し始めるなんてシーンが良くあるように思えてきました。女性ではないですが、クラークケントもメガネをかけていると、誰もスーパーマンだとは気が付かないというのもそんな「メガネ効果」なんでしょうか。

7月 2, 2006 ■原書に挑戦→James Patterson | | コメント (0)