« ■ 原書に挑戦(469)~ A Game of Thrones 読了 | トップページ | ■ 原書に挑戦(471)~ ゲド戦記 »

2006.07.23

■ 原書に挑戦(470)~ odds and ends

Elizabeth Kostova の "The Historian" です。

この本はなかなか本題に進みません。主人公の16歳の少女の父親が旅行に連れて行ってくれて、その旅先でのみ語ってくれる話がず~っと続いています。まさか、この調子ですべてを語り尽くそうというのでしょうか?

In Istanbul there is a little-known repository of materials, founded by Sultan Mehmed II, who took the city from the Byzantines in 1453. This archive is mostly odds and ends collected later by the Turks as they were gradually beaten back from the edges of the empire.

ódds and énds: 種々雑多な事柄,寄せ集め;余り物,残り物,くず物,がらくた

7月 23, 2006 →Elizabeth Kostova, ■原書に挑戦 |

コメント

CUBEさん、お久しぶりです♪
私はこの本の翻訳本の上巻の半分まで読んで断念しました。
つまらないってわけじゃないんですけど・・・
なので最後までその調子かどうかわかりません。
CUBEさんの記事で確認しようと思います^^;

投稿: のん | 2006/07/29 22:56:07

のんさん、お久しぶりです。

おっしゃる通り、私も断念していまいそうですが、Draculyaとかいう言葉が時々出てくるので、何とか読み進もうとしています。しかし、100ページ近く読んでも、さっぱり物語が展開しません。これはこういうスタイルなんでしょうか。まるでノンフィクションです。でも、いろんな人が褒め称えているので・・・がんばってみますが・・・。

投稿: CUBE290 | 2006/07/30 7:13:56

コメントを書く