« ■ 原書に挑戦(460)~ ドラキュラはドラゴンの息子 | トップページ | ■ 原書に挑戦(462)~ 顔にありありと表れている »

2006.06.26

■ 原書に挑戦(461)~ wet blanket

Jeffery Deaver の "The Twelfth Card" です。

"Everybody thinks I'm disagreeable," Rhyme scoffed, rolling his eyes. "Everybody thinks I'm the wet blanket--there's another cliché for you, Lon.

a wet blanket: 熱意を失わせるもの、座を白けさせる人[もの]

事件の関係者に話を聞く事になり、当事者が16歳の女の子であると分かったのに、絶対に不向きであることは明らかな Rhyme が「私が話を聞こう」と言ったため、みんなしらけてしまった、というくだりです。この後、実際に16歳の女の子2人と、Rhyme との会話のやりとりが始まりますが、話が全くかみあわず、予想通りの苦戦となります。

6月 26, 2006 →Jeffery Deaver, ■原書に挑戦 |

コメント

コメントを書く