« ■ 原書に挑戦(457)~ 単なる誤植でしょう | トップページ | ■ 原書に挑戦(459)~ 複雑な人称関係 »

2006.06.25

■ 原書に挑戦(458)~ deplaning

Irving Wallace の "The WORD" です。

"We've arrived in Chicago," the stewardess's voice was announcing. "Please check your personal belongings. All deplaning will be done through the front door of the aircraft."

シカゴに到着した飛行機から降りようとする人に向けたアナウンスです。良く見ると、「スチュワーデスの声がアナウンスする」という言い方をしていますね。この言い方は少し日本人からすると違和感があります。

次に気になったのは、deplaning という言葉です。最近は JAL の国際線で日本人スチュワーデスの英語、またはヨーロッパでは英米以外の airline の乗務員のなまった英語しか聴いていませんが、deplaning などという言葉を使うのでしょうか?

6月 25, 2006 →Irving Wallace, ■原書に挑戦 |

コメント

コメントを書く