« ■ 原書に挑戦(452)~ bottom line と morning line | トップページ | ■ 原書に挑戦(454)~ 名詞で使われる "lay" »

2006.06.25

■ 原書に挑戦(453)~ P と Q

T. H. White の "The Once and Future King" です。

Merlin は、The Wart を鳥にする前に、The Wart から次のように質問されます。

"I bet I am more than subaltern," said the Wart, "If I am a merlin."
subaltern: [英軍事] 准大尉の、陸軍大尉(captain)より下位の士官の

これに対し、Merlin は、鳥たちの階級意識について注意事項を述べます。

"Well, as a matter of fact, you are. You will find that both the kestrel and the spar-hawk will be polite to you, but for all sake's sake don't interrupt the senior merlins or the falcon. She is the honorary colonel of the regiment. And as for Cully, well, he is a colonel too, even if he is infantry, so you must mind your p's and q's."
kestrel: 小形のタカ数種の総称、アメリカチョウゲンボウ(American kestrel)など
spar-hawk: (これは辞書に見あたりませんが、sparrow hawk の事ではないかと思われます)
for all sake's sake: (これも手元の辞書では見あたりませんが、何が何でもというニュアンスに受け取れます)

別に鷹の種類を勉強したい訳ではなく、次のイディオムが気になりました。

mind one's p's and q's: 行儀よくする、言行に気を配る、注意[用心]深くする

このイディオムを調べるために、"p" を辞書で調べました。長い間、英語の本を読んできましたが、まさか、"p" を調べるはめになろうとは思いませんでした。辞書によれば、このような言い回しが出来たのは、p と q を混同しやすかったからのようです。

6月 25, 2006 →T.H.White, ■原書に挑戦 |

コメント

コメントを書く