« ■ 原書に挑戦(431)~ 所持品 | トップページ | ■ 原書に挑戦(433)~ 痛い所をつかれる »

2006.06.04

■ 原書に挑戦(432)~ 生き物にとっての慰め?

Clive Cussler の "DEEP SIX" です。

Admiral Sandecker の手配により、EPA (Environmental Protection Agency) の Julie Mendoza が、Dirk Pitt と Giordino を迎えにやってきます。Dirk Pitt は、Civil War 時代に沈んだ船を調べる Cumberland プロジェクトで潜水中です。Julie は、Pittが浮上してくるまで待つ、と言った所で次の文につながります。

Giordino shrugged. "Suit yourself." He broke into a friendly smile. "We don't stock much in the way of creature comforts but we do have cold beer."

冷たいビールがある、という所は分かりますが、その前が判然としません。creature comforts って一体何だろう?と思って調べてみると・・・。

créature cómforts: (飲食物,暖かさ,家屋など)肉体的慰安となるもの、衣食住、(特に)飲食物

と言うことで、あまり大したものはないが、ビールならある、という位の意味だろうと推察できます。

6月 4, 2006 →Clive Cussler, ■原書に挑戦 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18894/10386647

この記事へのトラックバック一覧です: ■ 原書に挑戦(432)~ 生き物にとっての慰め?:

コメント

コメントを書く