« ■ 原書に挑戦(303)~ どっちつかず | トップページ | ■ 原書に挑戦(305)~ Altered Carbon 読了 »

2005.08.11

■ 原書に挑戦(304)~ Thief of Souls 読了

"Thief of Souls" by Ann Benson です。

この本ほど期待を裏切られた本はありません。なぜかといいますと、これは彼女の3作目ですが、この前の2冊は The Plague Tales、The Burning Road で、いずれも中世時代のストーリーと現代のストーリーとが交互に語られながら、過去の本や遺品等を介して過去の話が現代の世界に影響を与えるという、両者のつながりが強く感じられるストーリー仕立てになっていました。すなわち、黒死病(ペスト)が蔓延していた中世時代の生々しい「死」の世界と現代の「死」とが互いに影響を与え合うかのような錯覚に陥るという、すばらしい語り口でした。

この本も少年・少女の誘拐事件が中世の時代と現代とで交互に語られていき、いつ両者に共通点が見いだされ、どうつながっていくのか?と興味津々で読んでいきました。しかしながら、いつまで経っても両者は平行線のままであり、ついに最後のページに到達しても両者に接点は出てこなかったのです。扱っているテーマがテーマだけに子供を失った両親の悲しみといったテーマだけで話が進んでしまった感があります。どうして両者に接点を持たせなかったのかについては、良く分かりません。

著者の Web サイトである、www.annbenson.com は以前はアクセスできましたが、今はうまくアクセスできません。サーバー自体は存在しているようなので、一時的なものかとは思いますが・・・。Ann Benson は手芸のビーズ作家であり、この方面の本を多数出版していますので、Web サイトがなくなるということは考えにくいですね。

例によって、語数と冊数をカウントアップします。平均的なページで 320語/ページでした。300語×623ページ = 186900 なので、186,000語とカウントします。

ということで、次のようになります。

総冊数: 615 冊
総語数: 55,824,000 語

2005.1.5 からの累計
冊数: 15 冊
語数: 1,824,000 語

8月 11, 2005 ■原書に挑戦→Ann Benson |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ 原書に挑戦(304)~ Thief of Souls 読了:

コメント

コメントを書く