« ● ロンドンへの出張(15) ロンドンへ到着 | トップページ | ● ロンドンへの出張(17) ロンドンの地下鉄 »

2004.12.07

● ロンドンへの出張(16) ロンドン~パディントン

ホテルは Paddington にあり、Heathrow 空港からそこまでは Heathrow Express を使おうと決めていました。かかる時間が極めて短いからです。ガイドブックにHeathrow - Paddington 間を15分で結ぶと書いてあったからです。普通の電車や地下鉄を利用すると確実に1時間はかかりそうでした。

ただ、料金が高いですね。13ポンド(約2600円)もします。自動券売機でサッと買えました。しかし、帰りにHeathrow Express専用窓口で人から買った時には、なかなか発券されず、何か指示を間違えたかと思うほど待たされました。なぜ自動券売機の方が速いのでしょうか?

heathrow_express_large.jpg
↑ Heathrow Express の切符

Heathrow Express の乗り場に向かう際には改札機がなかったように思いました。ドイツで地下鉄に乗った時も改札機が全くなくて面くらいましたが、ドイツ、オランダ、オーストリア、スウェーデンでは電車/地下鉄に乗り込む時に改札口がないのが普通のようです。しかしパリの地下鉄の改札機は気むずかしくて入るのも出るのもいろいろとトラブルに見舞われました。これが文化というものだろうと割り切って、素直に対応することにしています。

Heathrow Express に乗り込むと、すぐに車掌さんが検札にやってきました。私のすぐ後ろの人も日本人だったようですが、切符をしまった場所を忘れてしまったようで、体中を探していました。車掌さんはじっと待っていて、約5分も待ったでしょうか。ずいぶんと気が長いなぁと思いました。結局切符が見つからず、後で、と言い残して行ってしまいました。

Paddingtonに着いてからは、ホテルの地図を頼りに歩いてホテルまで行きました。歩いて3~4分の所にあり、迷うことなく見つけました。チェックインをしようとしたら、別の日本人男性がチェックインしようとしていて、記入する項目が理解できず、トム クルーズ風のホテルマンから手取り足取り教えてもらっていました。私の番になって、用紙を見ましたが書く必要がない欄もいくつかあって、そこに書きこもうとしていたのではないかと思います。それは難しいわけですね。チェックインの手続き中に、ふと受付の後ろの壁を見ると、いくつか世界時計がかかっていて、中には Tokyo Time もありました。いかに多くの日本人が利用しているかと思わせる時計でした。

ホテルの部屋は、値段の割にあまり広くなく、ベッドもこれがダブルベッドかと思うほどの狭さで、シングルにしなくて良かったと思いました。シングルにしていたら、寝ている間に確実に床に落下していましたね。テレビも何回か付けてみましたが、ニュースとスポーツ番組とエンターテイメント系の番組しかなく、ドラマや映画のような番組はほとんどありませんでした。テレビを見た時間帯が悪かったのでしょうか?よくこんな番組体系でイギリス人は満足できているなあと、すごく疑問を感じました。

部屋では無料で無線LANが使えると書いてあり、手順も明記されていました。喜び勇んで設定したのですが、どうしてもつながりません。何時間かトライしましたがついにあきらめました。何が悪いのだろう??やはり無料ではないのでしょうか?持って行った無線LANカードは自宅で問題なく使えていて、JALのロンドンラウンジやスウェーデンの大学で問題なく使えた実績があります。相性が悪いのだろうとしか思えませんでした。

12月 7, 2004 ● ロンドンへの出張(2004.12) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ● ロンドンへの出張(16) ロンドン~パディントン:

コメント

コメントを書く