« ● ロンドンへの出張(11) 英国出張の思い出 | トップページ | ■ 原書に挑戦(65)~ 新たなる挑戦!? »

2004.11.28

● ロンドンへの出張(12) 英国出張の思い出(その2)

25年前のロンドンへの出張の思い出で、一つ気になることがありました。それは自分が泊まったホテルがどこだったのか?ということです。変な疑問ですが、最近はカメラで写すという習慣があり、泊まったホテルとその場所については関連付けて覚えていて、写真も残しています。しかし、昔はホテルそのものには執着がなかったようで、全く覚えていません。昔の日記をひっくり返すと、かろうじて以下のような記述があります。

泊まったホテルは London Grosvenor Hotel。Grosvenor ホテルは Victoria 駅の真上にあった。

何せ25年前の事なんですが、自分で書いたものであり、信用はできる?と思うのです。しかし、現在のガイドブックやインターネットを見る限り、Grosvenor という名前の付くホテルはいくつかあるのですが、いずれも Victoria 駅の近くではありません。古い話なので、ホテルがどこかに吸収されて、名前が変わるということは良くある事なので、この名前で探し続ける事は難しそうです。

ガイドブックには Victoria 駅近くのホテルの一覧図があり、数十のホテルが載っていますが、駅の真上にあるように見えるものはありません。ここで行き詰まってしまいました。もうつぶれてしまった可能性もあります。

しかし、何だか自分探しの旅をしている気分になってきて、もう少ししつこく追求することにしました。このようにロンドンの時空を超えたバーチャルな旅(少しオーバー)をすることでロンドンへの愛着が深まれば、見るべきポイントも少し変わるかも、といった感じです。

ガイドブックの地図をいろいろ見ていると、Victoria 駅のほぼ真上?にホテルマークを発見。その名前は、Thistle Victoria。これかな?と思い、これをインターネットで検索してみました。外見の写真とかは載っているのですが、見ても何も思い出しません。まるで記憶喪失の男が自分の過去を必死に思い出そうとしているような空白感しかありません。しかし、ホテルの説明文を読んでいて、次のような記述を見つけました。

Thistle Victoria
Buckingham Palace Road
London SW1W OSJ

Formerly known as the Grosvenor Thistle Hotel, the Thistle Victoria is near the Big Ben, House of Parliament, Westminister Abbey and Buckingham Palace.

これから、以前は、Grosvenor Thistle Hotel と呼ばれていた事が分かりました。かなり近づいたのですが、写真を見る限り、建て直されたか何かで全くイメージが違います。日記の中のホテルの記述として「重い防火ドアを5回ほど通り抜けて自分の部屋に到達」とあり、自分の記憶でも救命病棟の奥深くに入り込むイメージで、瀟洒なホテルという感じでは全くありませんでした。

これ以上追求するのも時間がかかるので、これ位とします。いろいろ思い出して分かったのは、25年前の出張では、およそ3週間にわたる世界一周の旅の最後の訪問国であり、歴史文化の追求よりもおみやげのショッピングに興味があり、地下鉄は使わずに黒タク専門だったことですね。

11月 28, 2004 ● ロンドンへの出張(2004.12) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ● ロンドンへの出張(12) 英国出張の思い出(その2):

コメント

コメントを書く