« ● ロンドンへの出張(9) 機内サービスを検索 | トップページ | ■ 原書に挑戦(64)~ デルフト »

2004.11.26

● ロンドンへの出張(10) 帰りもビジネスクラス確定

本日、フライトのチケットを受け取りました。同時に帰りの飛行機もビジネスクラスにアップグレードされたとの通知を受け取りました。いやあ、これで、8月の Uppsala 出張と同じく、往復シェルフラットシート生活です。

これで少し余裕が出ましたので、「ハイスペック DIME」という雑誌を買って読んでみました。「ビジネスクラス乗り味 No.1 はどこだ!?」という特集があります。そこでは主要8社のビジネスクラスシートを比較しています。JAL のシェルフラットシートは、床面に対して170度の角度でフラットになりますが、完全にフラットではなく、でこぼこしています。ぜいたくながら私はこれがいまいちしっくりしません。ブリティッシュ エアウェイズのシートは、2つの席が互い違いに向かい合う座席レイアウトで地面に対して水平になるといいます。ということは、隣の人の足が自分の顔のあたりに来るのでは??と想像してしまいますがそんなことはないのでしょう。ヴァージン アトランティック航空のシートも床面に対してほぼ完全に水平になるようです。ノースウェストは176度までリクライニングするそうです。こうして比べて見るとJALのシェルフラットシートは、まだまだという気になってきました。

文句は言いつつも、エコノミーのあの足が硬直しそうな置き場のない感覚から救われるだけでも感謝しています。

明日の土曜日に宅配業者がトランクを引き取りに来てくれるので、月曜日には軽装で成田まででかけられます。これに「手ぶら」オプションを付ければ、ロンドンのヒースロー空港でトランクを直接に受け取る事もできるのですが、そこまでしなくてもいいかな?と思います。でも、たった500円の追加なので、次回は試してみるかも知れません。

11月 26, 2004 ● ロンドンへの出張(2004.12) |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ● ロンドンへの出張(10) 帰りもビジネスクラス確定:

コメント

コメントを書く