« ■ 正しい英語を書く (1) ~ まずは本の紹介から | トップページ | ■原書に挑戦(15)~ シャツと文化? »

2004.07.01

■ 正しい英語を書く (2) ~ a と an

正しい英語を書くための本に書いてある英語は正しいという前提でいけば、正しい英語の書き方を解説している文章そのものも大変参考になります。ということで、どういう解説をしているかが分かるようにできるだけ引用していきます。

Choosing "a" or "an." With the indefinite article, the choice of a or an depends on the sound of the word it precedes. A comes before words with a consonant sound, including /y/, /h/, and /w/, no matter how the word is spelled {a eulogy} {a hotel suite} {a Ouachita tribe member}. An comes before words with a vowel sound {an LSAT exam room} {an X-Files episode} {an hour ago}. ("The Chicago Manual of Style 15th edition")

原則としては、綴りと関係なく発音が子音で始まる単語の前には "a" を付け、発音が母音で始まる単語の前には "an" を付けるようです。an X-Files というのは分かりやすいですね。

a と an には直接関係ないのですが、"an." という文の終わり方は一般的です。これを "an". と書く人も相当います。プロの作家の中でも統一が取れていないのは、多数の本を読んでいるので感じています。しかし、このように引用符の中にピリオドを入れ込んでおいた方が無難だと思います。しかし、{an}. というように書いているので、必ずしも、何でも同じように書くという訳ではないようです。

上記の説明の中にもありますが、abbreviation の場合などには、多少注意が必要です。

Before an abbreviation, a numeral, or a symbol, the use of a or an depends on how the term is pronounced. In the first example below, MS would be pronounced em ess; in the second, it would be pronounced manuscript.

an MS treatment a MS in the National Library an NBC anchor an 800 number a URL an @ sign an HTML document describing a HUD program ("The Chicago Manual of Style 15th edition")

この例は注意深く見て理解しておく事をお勧めします。最後の例など、HUD はたぶんハッドとでも読むのでしょう。an 800 number という書き方も注目されます。このような書き方をする必要性も出てくる場合もあるでしょう。

7月 1, 2004 ■ 正しい英語を書く |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ 正しい英語を書く (2) ~ a と an:

コメント

はじめまして、いつも勉強させてもらっています。
略語や数字もそうですが、カタカナ発音の弊害にも注意ですね。
"a year"と"an ear"はかなり区別の難しい発音で"a"と"an"を迷います。あと"a wood"も日本人には紛らわしいかなと思います。
正しい英語を書くシリーズの続編を楽しみにしています。

#サイドバーの豚ボンジュールの時計ですが、日本時間ではなく閲覧者のローカルのPCの時間になってしまうようです。つまり私がバルセロナから見ますと、スペイン時間が表示されます。(差し出がましく済みません)

投稿: 英語学習帳 | 2004/07/02 17:42:54

>正しい英語を書くシリーズの続編を楽しみにしています。

張り切りすぎると続かないので、英語を書いていて疑問を感じた時にシリーズが突然に再開すると考えておいてください。

>スペイン時間が表示されます。

失礼しました。以前の時計は世界時計だったのです。この時計は違うのでタイトルを変更しました。スペインからごらんになっているのですか?スペインのWebサイトって、どんな色合いが主流なんでしょうか?

投稿: CUBE290 | 2004/07/02 22:30:55

スペインのサイトの色使いですか。。。専門的なことは判りませんが、ぺたぺたしたサイトが多い気がしますね。あと、この国はユーザビリティよりデザイン重視のような気がします。国民の殆どがナロードバンドなのにポータルサイトは画像やらフラッシュで重いこと重いこと。。。メールと言えばHTMLなので取り込みにやたら時間がかかるし。
という感じです。

投稿: 英語学習帳 | 2004/07/03 18:29:42

ちょっと変わった事をお尋ねしてしまい、申し訳ありませんでした。スペインというと短絡的に情熱的という言葉が対応するもので、はでなサイトと明るい色が散りばめられているのかなという単純発想でした。

ポータルサイトが重いと辛いですね。もちろ、ショートカットみたいにフラッシュをスキップする仕掛けはあると思うのですが・・・これを書いていて面白い事を思いつきました。いやあ大発見・・・こことはあまり関係ないので、また別の所に書きます。

また、そちらのサイトにも行きます。宜しくお願いします。

そのうち、スペインの方におじゃまするかも知れませんので・・・。

投稿: CUBE290 | 2004/07/03 20:00:02

コメントを書く