« ■原書に挑戦(27)~ second wind | トップページ | ■原書に挑戦(29)~ 女性の仕草 »

2004.07.31

■原書に挑戦(28)~ 典型的パターン

John Grisham "The King of Torts" です。Clay が弁護することになった Tequila Watson の少年時代の話です。これはテレビドラマなんかに良く出てくる最悪に不幸なパターンです。

No family to speak of. Never knew his father. Mother died of AIDS when he was three. Raised by an aunt or two, passed around the family, foster homes here and there, in and out of court and juvenile homes. Dropped out of school. Typical case for us.

家族らしい家族はいない。父親は知らない。母親は3才の時にAIDSで死亡。おばさんに育てられ、親戚中をたらい回しとなり、孤児院を転々とし、裁判所と少年院を行ったり来たり。学校は落ちこぼれ。典型的パターンである。

訳すほどのことはなかったのですが、簡潔な表現に感嘆。特に "Raised by an aunt or two" のような表現はなかなかできないと思われます。

7月 31, 2004 ■原書に挑戦→John Grisham |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■原書に挑戦(28)~ 典型的パターン:

コメント

コメントを書く