« ■原書に挑戦(25)~ スピードの差に唖然 | トップページ | ■原書に挑戦(27)~ second wind »

2004.07.30

■原書に挑戦(26)~ do a double take

Dan Brown の "The Da Vinci Code" です。

何かとてつもない秘密を何らかの手段で伝え残して死んだ、Jacques Sauniere の孫娘である Sophie と話をしている Langdon が言います。

Landgon hesitated a moment. "Sophie, you realize that if this is indeed the keystone, your grandfather's access to it implies he was exceptionally powerful within the Priory of Sion. He would have to have been one of the highest four members."

これは実際の会話ではないにしろ、会話の中で、"He would have to have been ..." と言われて、瞬時に意味を把握できるでしょうか?読むから簡単なんですが・・・。

Langdon は上の文章の中で、Sophie に Sophie のおじいさんは Priory of Sion という秘密組織の中でとても位の高いメンバーだったのではないか、という「新説」を持ち出します。それに対し、Sophie が事もなげに言い放ちます

Sophie sighed. "He was powerful in a secret society. I'm certain of it. I can only assume it was the Priory."

Sophie は知っていたのです。それを聞いて、Langdon は、はっとします (do a double take)。

Langdon did a double take. "You knew he was in a secret society?"

7月 30, 2004 ■原書に挑戦→Dan Brown |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■原書に挑戦(26)~ do a double take:

コメント

コメントを書く