« ★ 来月はスウェーデンに出張 | トップページ | ■原書に挑戦(26)~ do a double take »

2004.07.29

■原書に挑戦(25)~ スピードの差に唖然

H.G.Wells の "A Short History of the World" です。すでに本文に進んでいるのですが、Introduction の所でまだ気になるところがありました。

The first thing that strikes you about Wells's Short History is its zest. The reader wants to know what happens next, and though the book can be read on a four-hour train journey, quite a lot of it will stick in the memory.

次はどうなるのか、とわくわくしながら読んでいくと、4時間の列車の旅で読んでしまえる、と書いてあります。驚いたのは「4時間」という所です。この本は普通のペーパーバックよりも少し大きめで、 右の欄の写真でも分かるように、日本の文庫本と新書本の差のような大きさの違いがあり、かなり文字は細かく詰まっています。しかも、約300ページあるので、1時間あたり、75ページもの速度で読む必要があります。

若い頃に速読の練習をして、1時間に60ページの速度を達成したことがありました。これは1分で1ページ読む計算になりますので、それでもとんでもない速度だと思っていました。なぜかというと、英語のペーパーバックはたいてい、1ページに40行程度あります。したがって、2行を3秒で読み進まないと、1ページを1分では読めません。したがって、日本人の私からすると、この1時間75ページというのは、その25%増しの速度で読み進む必要があるため、すさまじい数字だと思います。それがこともなげに書いてあります。しかもDan Brown のDa Vinci Codeなんかではありません。普通の歴史書です。それを興味をつないで驚異的な速度で読み進めるものだろうか?とかなり疑問に思ってしまいました。

最近、やっと英語の本を抵抗なく読み進めるようになりました。言い換えると、500冊以上読破していても、まだ、英語の本を読むのに抵抗があったのです。英語を聞く力の上昇と共に読むのもすんなりと読めるようになってきたように思いますが、やはりネイティブとの差はいかんともしがたいほどのものです。つくづくと思い知らされました。

7月 29, 2004 ■原書に挑戦→H. G. Wells |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■原書に挑戦(25)~ スピードの差に唖然:

コメント

コメントを書く