« ● サブマシンの再構成(3) 騒音の改善はどうなったか? | トップページ | ● Windows Vista Ultimate の利用(1) 概要 »

November 23, 2006

○ 古いノートパソコンの活用(1) Fedora Core 6のインストール

古いノートパソコン(IBM ThinkPad T21)の使い道を考えていたのですが、あまり思いつかなかったので、Linuxを入れることにしました。日経Linuxの12月号を買ってきて、付属DVDからインストールを試みました。別にできあいのDVDを使わなくても自分でFC6をどこかのミラーサイトからダウンロードしてきて、DVDを作ればいいのですが、時間がかかるのと、Fedora 6の情報が何もなかったので、とりあえずDVD付きの最新の雑誌を購入しました。この付録にあったFedera Core 6をインストールしてみました。2~3度エラーとなりましたが、何度もしつこくインストールしていたら、何とかログインできるようになりました。

Fedora Core 5から無線LANがサポートされたと聞いていたので、無線LANカードを差してみたら、あっさりと家庭内LANにつながりました。ついでに親指シフトは使えるか?と調べてみましたら、次の記事を見つけました。
http://d.hatena.ne.jp/tree3yama/20061007
この通りにやってみたらものの5分で親指シフト入力可能となりました。一昔前はLinuxで親指シフト入力など、あまりの敷居の高さに投げ出しそうになる位でしたが・・・。ということで、インストールを始めてから、ほんの数時間で、親指シフト入力を使うことができました。何とも素晴らしい世の中になったものです。

2006 11 23 [Linux, 古いパソコンの活用] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18894/12789183

この記事へのトラックバック一覧です: ○ 古いノートパソコンの活用(1) Fedora Core 6のインストール:

» Fedora Core 6 [親指シフト on Linux から]
Fedora Coreがアップデートされて6になりました。各種雑誌などにもインストールDVDが付くようになったので、私も5から6へとアップデートすることにしました。 5の環境やファイルをそのままにして6にアップデートすることもできるようなのですが、私は特に必要なファイルがあ..... 続きを読む

受信 Nov 25, 2006 10:14:34 PM

コメント

コメントを書く